箱罠のタヌキ

「これから見回りよ」
「わーい ついてってよい?」
「では助手席に」

軽トラの助手席

アライグマ・タイワンリスなどの外来種防除のために森に仕掛けた箱罠の、見回り作業におじゃましました。

箱罠を持って山道を歩く

「あ フキノトウ」
「おお」

フキノトウ

箱罠を点検

箱罠の点検

箱罠にタヌキがかかっていた

箱罠の中の食べ物につられてタヌキがよくかかるそうだ。

アライグマが目的なので、私たちにとっては、タヌキは営業妨害なんですよー。と、罠の入口をあけて「ほら、出ろ」と促すし、すぐに出てこないタヌキの様子を見ながら、箱罠の入り口をワイヤーで固定し、他の作業にとりかかる。
箱の中からこちらを じーっとうかがっていたタヌキは、しばらくすると箱からのそのそと出て、ひょいひょい山の茂みに姿を消した。

「常連さんかな」

このタヌキ、罠にかかるのはこれが初めてではないようだ。

方や、箱罠の入口をあけると、一目散に箱から飛び出すタヌキもいる。
ギャン!と威嚇されることもある。噛まれたらたいへんだ。
タヌキと一概にいってもいろんな性格の個体がいるのだそうだ。

箱罠には、賞味期限切れになったビスケットとパンを設置する。
パンは、友人のパン屋さんから譲ってもらうもので、この日は、きな粉ケーキ。
賞味期限が切れているといってもとても美味しそうな香りである。

箱罠にビスケットやパン

他の場所では、疥癬(かいせん)にかかったみすぼらしいタヌキが箱罠にかかっていた。
からだが弱っているから自分で餌が穫れない。病気のタヌキが罠にかかっていることは多いらしい。

さては、こんな汚いカラダのオレサマをタヌキ汁に?やれるものならやってみろ 罠なんかこわくない。なんて言っている?

…などと、戯れに思うのも、また人間の勝手なのだろう

常連さんっぽいタヌキ

箱罠にタヌキ

箱罠にタヌキ

ほら、出ろ

入口があけっぱなしになるようにワイヤーで固定してます

作業をみつめるタヌキ

まだ見ている

箱罠のタヌキ

箱罠のタヌキ

じー

箱罠から出てくるタヌキ

箱罠から出てくるタヌキ

やっと帰る気になったタヌキ

森に帰って行くタヌキ

タヌキ、森の茂みに帰って行った

茅場

今日は茅刈り作業と聞き、行ったはいいが

誰も居ず

荒涼とした黄土色の広場
広場に茅

(1時間半も遅刻した私が悪い。)

茅と茅の間

背の高さほどの茅の中へ分け入ると、風もさえぎられあたたかく、
茅場の散歩にまいります。

茅場

すこし高いところに登り、茅場を見下ろしたり

空に木枝のシルエット

上を見上げたり 松の木。

茅場

茅

拾った茅をふりまわして音を出したり、ぴゅんぴゅん音がします。

茅場のある山を望む

1時間ほど散歩して、駐車場に戻ると、箱罠を積んだ軽トラと遭遇しました。

「これから見回りよ」
「わーい ついてってよい?」
「では助手席に」

「箱罠のタヌキ」へ、つづく

グラハム粉のチャパティ

グラハム粉でチャパティ(古代パン風)

グラハム粉 パッケージ

グラハム粉


2017年秋に収穫された小麦粉
無農薬 無化学肥料「グラハム粉」横須賀産 全粒粉 (NPO法人生物多様性保全 作)

このグラハム粉で、チャパティを作ってみました。

グラハム粉

サラサラ

粉は、白い粉と小麦色の粉がまざっています。
小麦の表皮、胚芽、胚乳が入っているので、香りもよく、きっと栄養豊富なんだろうなあ

ボールで生地を作る

ぎゅっぎゅっ

グラハム粉は、半分使いました。
直径20cmくらいのチャパティ5枚できます。(このパッケージが500g入りだとしたら、250gかなーといったところです)

塩少々。粉に水を少しずつ足しながら、「耳たぶくらいのしっとりとした柔らかさ」もめざし、こねていきます。
しっかりとした 握りごたえがあります。

まるめた生地

おやすみ

生地は丸く整え、乾燥しないようラップをした状態で、30分ほどねかせます。

麺棒でのばす

台所に麺棒が見当たらないので、サランラップの芯にサランラップをまいて麺棒のかわりにしました。
おまんじゅうの大きさにちぎった生地を、のばしていきます。目指すは真円。

綿棒でのばす

サランラップ麺棒は、生地に はりつき、ラップが はがれてしまう方向があります。その反対方向だけを使うのがコツです。
真円にはほど遠いですが、何枚かやっていくうちに麺棒づかいも慣れてきました。

チャパティーを焼く

焼き焼き


フライパンに少量の油をひき、中火で両面焼きます。まあ火が通ればOKです。

チャパティ

焼き上がりました

焼きの香りがいい香りです。しかし台所が煙くなっていました。

チャパティというより、大陸の古代パンの様相です。
焼きの仕上がりは固めで歯ごたえがあります。
風味がとてもよいので、なにもつけずに食べて あとをひきます。

焚き火で焼いて食べたいな…。

今回はグラハム粉100%で作りました。断面はよく見ると2層になっています。
小麦粉を配合して焼くと、ふわっとしたパンケーキになるそうです。それもおいしそうです。

チャパティの断面

グラハム粉で作った チャパティ(古代パン風)に、カボチャのベーコンサラダのせ
グラハム粉のチャパティとカボチャベーコン